糖質制限ダイエットをしていると、小腹が空くことがあるはずです。 そこで、気になるのが、間食をしてよいのかどうかです。 間食をすることでダイエットの意味がないと思われている人もいますが、そんな事はありません。 特に体を動かす仕事をしている人は、間食をしないとエネルギー不足になってしまいます。 しかし、だからといって、何でもかんでも食べて良い訳ではありません。 糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)制限ダイエット(色々な方法がブームになりますが、結局のところ、食事の改善と運動しかありません)に適した間食というものがあります。 糖質(炭水化物ともいい、生命活動をする上で必要になるエネルギー源の一つです)ダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)中の間食に適した食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)は、次のようなものです。 ・チーズ ・ゆで卵 ・ナッツ これらのものは、糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)が非常に少ないので、食べてもダイエットに与える影響は少ないです。 エネルギーで選ぶよりも、糖質の量で選ぶというのが、間食のポイントです。 もし、チョコレートやアイスクリームなどを食べたい場合は、糖質をカットしたものを選ぶようにしてください。 最近では、糖質カットの食べ物がたくさん販売されているので、色々探してみるのも楽しいかもしれませんねー